劇団からっかぜ2022年秋公演(通算第283回) 『フユヒコ』 作:マキノノゾミ 演出:布施 佑一郎

※公演日程決定 全9ステージ 上演許可届く05/26 半立ち稽古6月1日〜 立ち稽古07/25〜
<アトリエ公演>2022年09月24日(土)18:00 25日(日)10:00&15:00
          10月15日(土)14:00&18:00 16日(日)10:00&15:00
<浜松市芸術祭公演>クリエート浜松 11月13日(日)11:00&16:00>
   大人 1000円(一般) 子ども 500円(高校生以下) チケット予約フォーム


他屋 雄一 坂田 真生  菊池 京子  菊池 京子 高橋 佑治 鈴木 千笑 大西 昌治 加藤 晴己

登場人物


寺田冬彦(56歳) 他屋 雄一
寺田りん(52歳) 坂田 真生
寺田康一(29歳) 河野 丈志(絡繰機械's)
寺田早月(27歳) 菊池 京子
寺田秀二(26歳) 高橋 佑治
寺田秋子(20歳) 鈴木 千笑
大河内正親(56歳) 大西 昌治
沢木登(26歳)  加藤 晴己

スタッフ


演 出 ・・・布施 佑一郎
舞台監督・・・大西 昌治
舞監助手・・・高橋 佑治
舞台照明・・・高橋 佑治
照明OP ・・・古木 大介
音響効果・・・布施 佑一郎/西村 心路
効果OP・・・・
舞台美術・・・鈴木 夢唯/栗田 悠生
 ・・・・・・・布施 佑一郎/水野 心優
舞台衣装・・・鈴木 千笑/菊池 京子
小道具 ・・・・菊池 京子/森 浩司
メイク ・・・ 鈴木 千笑
制 作 ・・・坂田 真生/他屋 雄一

あらすじ


昭和9年の年の瀬、東京本郷区曙にある理学博士寺田冬彦邸。
旅行に出かけたはずのフユヒコとその妻りんがただならぬ様子で帰ってきた。
招き猫が見守る家。個性豊かな寺田家の喜怒哀楽の1週間が始まった。
冬彦のモデルは、独自の視点で有名な物理学者で随筆家の寺田寅彦。