劇団からっかぜ秋公演 通算第273回『二人の長い影』 

               作:山田 太一 原案:中村 登美枝 演出:布施 佑一郎   ☆二人の長い影通信☆   二人の長い影チラシ

劇団からっかぜ秋公演『二人の長い影』 アトリエ公演 & 第64回浜松市芸術祭公演

 アトリエ公演 2018年10月20日(土)18:00〜 21日(日)10:30〜 & 15:00〜
       2018年11月03日(土)13:00〜 & 18:00〜 04日(日)10:30〜 & 15:00〜
 はままつ演劇フェスティバル2018公演、11月24日(土) 18:00〜 福祉交流センターホール

劇団からっかぜ2018年秋 アトリエ公演7ステージ・フェスティバル公演1ステージ  計8ステージ無事終了
人とひととのつながりを大切に、劇場で多くの人と一緒になれるように努力していきます。
                              ありがとうございました。 劇団からっかぜ一同

ふじのくに芸術祭2018演劇コンクール 『芸術祭賞』受賞

*2018年 秋アトリエ公演&市芸公演 観客数*

公演日時 客席数 目標 観客数 アンケート
10月20日(土)18:00〜  68席  68  71人  53枚
10月21日(日)10:30〜  68席  68  61人  52枚
10月21日(日)15:00〜  68席  68  41人  32枚
11月03日(土)13:00〜  68席  68  81人  65枚
11月03日(土)18:00〜  68席  68  62人  59枚
11月04日(日)10:30〜  68席  68  59人  47枚
11月04日(日)15:00〜  68席  68  39人  28枚
第64回浜松市芸術祭公演
11月24日(土)18:00〜
 550席  400  303人  131枚
  合計     876  717人  467枚

舞台写真、アトリエ&福祉公演

二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影 二人の長い影

『二人の長い影』公演アンケート10月137枚と11月199枚より一部抜粋

○人の長い人生の中で、色々なことがあり、その思いは絶対残っているものですね。戦争での恐ろしい出来事や取り巻く環境も知ることができ、その時の人々の感情を知ることができました。その中で二人の変わらない気持ち、素晴らしいですね。今日も楽しく見させていただきました.。
○戦時中・戦後の人たちの、心の切なさ、苦しさ、とてもわかるものではありませんが、この時間の中で少し教えていただけた感じです。皆さんの演技素敵でした。二人が出会えてよかったです。
○戦争によってたくさんの人々が、当たり前の幸福が壊されてしまったこと。本当に悲しいと思いました。涙なくしては見られない今日のお芝居でした。
○この時代を知る人に、この時代の話を残さないと!今は戦前になる!!
○若き日の久美子と真吾の鬼気迫る演技に思わず魅了されてしまった。台詞を理解しないとストーリーの分からない部分も多いなと感じたが、強い思いが伝わってきたため理解することができた。栄一や光夫のコミカルな演技が緩衝材のようになり、笑わせられる場面も多かった。とても感情移入させられた舞台でした。
○I Love You 演出がユニーク。楽しかったありがとう。
○まさかああ終わるとは!爆笑でした。戦争は一人の人間が抱えきれない苦しみを与えると改めて思いました。戦後を生きる人間が理解できない。でも所々おかしくて良かったです。
○最後はとても感動的でした。こんな時代もあったのだと、改めて思いました。 伝えていかなければならない話ですね。とても良かったです。
○自分が知らない戦争の時のこと、経験した方には一生忘れないことだと改めて感じました。
○途中何度もこみ上げてくるものがありましたが、最後のシーン「アイ・ラブ・ユー 」 でとうとう涙が溢れました。純粋な愛を、二人を引き裂く戦争の、こわさ、憎らしさを全編に流しながら、コミカルな場面を散りばめる構成にグイグイ引き込まれました。ありがとうございました。
○演出がとても良かったです。回想と現在が見事なまでに溶けあっていました。最後の「アイ・ラブ・ユー」直立不動で不孫な感じと思えるのに、なんと素敵な一言なんでしょう!!ありがとうございました。
○敗戦後の引き上げ者の方々の大変な苦労と、悲惨な体験をされたこと、とてもリアルにしに感じることができました。戦争は本当に悪ですね。二度としてはいけないと思いました。皆さんの熱演に感動しました。
○今回初めてアトリエで見させていただきました。戦争中、戦後すぐの頃の話は辛く、涙が出ました。でも、こんなに相手に好きになってもらえるなんて素敵だなと思いました。面白かったです。ありがとうございました。
○戦争はしてはいけないと強く思いました。戦争知らない自分はつくづく平和で幸せなんだろうということに気がつきました。戦争の恐さは、忘れてはいけないので、これからも語り続け・演じ続けていただきたいと思います。頑張ってください。感動ありがとうございました!
○お疲れ様でした。辛い親世代の話でしたが、今の幸せをつくづく感じる事が出来ました。皆さんの初々しさや一生懸命さが、とても素敵でした。また是非来たいと思います。
○笑いあり、涙ありで面白かったです。楽しく観劇させてもらいました。
○父たちの体験をあまり聞くことはなく亡くしてしまいました。もっと聞いておけば良かったと思います。今日の演劇を見て父達の若い頃の姿に思いを寄せることが少しできましたと思います。
○生きるという事は、色々な経験と思いを持っている事なんだと改めて思いました。次回の公演も楽しみにしています。
○重い、重いストーリーでしたが、最後のシーンでホッとさせられました。戦争の体験をする人が年々少なくなる時代になり、こうやって劇や本、テレビでの情報のみとなっている私です。日々穏やかな生活に感謝しつつ、平和な時代をと願うのみです。

小林 久美 小林 栄一 小林 真理 麻生 久美子 坂崎真吾(青年期) 坂崎 真吾 高木 彩 飯沢 鏡子 沢本 芳樹 松本 光夫

登場人物


小林 久美 ・・・・・・菊池 京子
小林 栄一(夫)・・・・平柴 俊哉
小林 真理(孫)・・・・小野田紗千
麻生久美子/久美の青年期 渡邉 純子
坂崎真吾(青年期)・・・鈴木 亮
坂崎真吾 ・・・・・・・他屋 雄一
高木 彩(慎吾の娘)・・林 美佳
飯沢 鏡子 ・・・・・・中村左絵子
沢本 芳樹(アーバン小林社員)
      ・・・・・・古木 大介
松本 光夫(介護師)・・平山 将太




スタッフ


演 出 ・・・・・布施 佑一郎
舞台監督・・・・・・平柴 俊哉
舞監助手・・中村真紀子/古木大介
舞台照明・・・・・・高橋 佑治
音響効果・・・・・・渡邉 純子
          根津 真弓
舞台美術・・・・・・布施佑一郎
舞台衣装・・中村真紀子/林 美佳
     小野田紗千/菊池 京子
小道具  ・・・中村左絵子/碧 月
     古木 大介/平山 将太
メイク ・高橋 佑治/渡邉 純子
制 作 ・坂田 真生/渡邉 純子
   鈴木 亮/他屋雄一/根津真弓


「久美子ちゃんか、久美子ちゃんだね。」ある日かかってきた1本の電話。
・・私は恋をしていた。17才だった!誰にも言えない記憶。
歳月はすべてを消し去ってしまったのだろうか・・・・。
終戦間近のロシア国境近く、ソ連軍の参戦・終戦と共に戦火に 引き裂かれた恋人同士の愛と苦難に満ちた地獄の逃避行、 戦争を生き抜いた若い二人と、今を生きる老いた二人が交錯し、 秘められた記憶の扉を開く。